2. 守り人との出会い

  • 子ども110番の家
  • スクールサポート隊
  • 見守り当番

ふしみだいの町には、君の冒険を見守ったり助けたりしてくれる、こころづよい守り人たちがたくさんいるよ。3人の守り人から話を聞いてみよう。

◆子ども110番の家

危険なことにあいそうになったり困ったことがあるときに、たちよれる場所です。
地域ぐるみのボランティア活動として、子どもの安全を見守ってくれるお家(場所)です。
通学路の近くの「子ども110番の家」を確認しておいて、いざというとき安心して利用できるようにしておきましょう。

◆スクールサポート隊

安全安心な登下校を見守ってくれる地域のボランティアの皆さん。緑色のジャンパーが目印です。
子どもたちの安全を守るために石川県からはじまった活動で、今では全国にひろがっています。
おもに地域の高齢者の皆さんが登録してくださっています。
緑色のジャンパーのサポート隊の皆さんを見かけたら、元気にあいさつをしましょう。

◆見守り当番

伏見台小学校の保護者の皆さんが、子どもと一緒に登下校をして危険なところはないかを確認する当番です。
保護者の皆さんは、決められた1週間の間の都合のよい1日に見守り当番をします。
見守り当番で気づいた危険なところの情報は、「交通安全マップ」にも反映されています。